富士山の山頂と徳川家康像
徳川家康像
静岡県のイラスト地図

現在の静岡県が生まれたのは明治8年で、静岡・浜松・足柄の三県が統合しました。静岡といえば、古くから信仰の対象としてあがめられた富士で、静岡県側の富士山を女富士といい「富士山は甲斐で見るより駿河いい」という句もある。また、忘れてならないのが幕末、明治の侠客の清水次郎長。ライバルの黒駒勝蔵やども安らと覇を競いながら成長していく物語だけではなく、維新後は富士山麓の開墾や海運業などにも従事しました。

■ 静岡県の日本一 : 富士山は日本一高い山。朝食の開始時刻が日本一早い。まぐろの年間支出金額日本一。

■ 静岡 清水

静岡市街

■「静岡市」は、県の中部に位置する県庁所在地で、駿河区、葵区、清水区の政令指定都市です。■静岡茶は、宇治茶、狭山茶と並んで日本三大茶!

日本平からの富士山

■静岡市「清水」区の日本平からは、富士山を正面に、眼下には三保松原や駿河湾のたおやかな景色が見られ、ロープウェイで久能山に渡れば、久能山東照宮が!

三保の松原

写真提供:静岡県観光協会

三保松原

清水区の三保半島にある富士山世界文化遺産の構成資産に登録された三保松原みほのまつばらには、天女伝説で知られる「羽衣の松」があり、松の緑、打ち寄せる白波、海の青さと富士山が織りなす風景はまさしく絵です。ここには、パワースポットとして人気の御穂神社もちかくにあります。

■ 富士 富士宮

田子の浦・生しらす丼

■「富士」市は、全国でも有数な紙のまち。■田子の浦ゆ 打ち出でて見れば 真白にぞ 富士の髙嶺に 雪は降りける 万葉集・山部赤人

白糸の滝

■「富士宮」市の白糸の滝は、湾曲した絶壁から幾筋もの絹糸をたらしたような滝が流れ落ちている。滝壺近くに立つと三方が水のカーテンとなって幻想的!

■ 御殿場 沼津 三島

御殿場プレミアムアウトレット

■「御殿場市」の御殿場プレミアム・アウトレットは、国内最大規模のアウトレットモール。北米の歴史ある街並みを散策するように一日中楽しめます。

沼津港

■「沼津」港は、北に富士山、南に駿河湾が広がる伊豆半島の入口。飲食店街で新鮮な地魚や美味しいお食事、お土産に生産量日本一のアジの干物はいかが!

三島の干し大根

■「三島」市の大根干しは、冬の風物詩。昭和の初めころ「農兵節」とともに箱根のだいこんが大々的に世に売り出されました。

■ 焼津 藤枝 御前崎 寸又峡

焼津のまぐろ

■「焼津」市は、漁港を中心に発展し、遠洋漁業・水産加工業は全国的に有名。■焼津のまぐろ、かつおを食べるなら、焼津さかなセンターへ!

藤枝大祭り

■「藤枝」市の藤枝大祭りは、質・量ともに日本一の長唄・地踊りと賞されるお祭。屋台の曳き回しによる荒々しさと、手踊りによる優美さが!

御前崎ロングビーチ

■「御前崎」市の御前崎ロングビーチは、駿河湾側の海岸線で、遠州灘のダイナミックな波と、遠浅で落ち着いた波の駿河湾側の海が、2倍楽しめる!

寸又峡の夢の吊り橋

■榛原郡川根本町にある自然豊かな「寸又峡」は、大井川支流である寸又川の峡谷。大間ダム湖に架かる「夢の吊橋」は、死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊橋の一つ!

■ 浜松 浜名湖 天竜

浜松市街

■「浜松市」は、世界を舞台に活躍する大企業や、高度な技術を有する中小、ベンチャー企業が集積する日本有数の産業集積都市です。

浜名湖SAから

■ 「浜名湖」サービスエリアは、上り・下りが同じ施設になっていて、浜名湖を一望できるテーマパークのような絶景のスポットです。

舘山寺温泉街

浜名湖かん
ざんじ温泉

太平洋から海水が流れ込む浜名湖は景勝地としても名高い。かんざんじ温泉の開湯は比較的新しい1958年、昭和時代の中ごろです。泉質は、塩分濃度の高い名湯として評判で、関節痛改善につながります。また、かんざんじ温泉の名前の由来は、温泉街の北側の舘山にある舘山寺より名づけられました。そして、浜松、浜名湖といえば、うなぎ養殖発祥の地で浜松を代表するブランドとして百年以上の歴史がある。

三ケ日みかん

写真提供:静岡県観光協会

三ケ日みかん

三ケ日みかんの評判は「ただ、甘いだけじゃない、コクがある」です。みかんの甘さは、日照量が多いほど糖度が向上します。三ヶ日みかんの美味しさの秘密はここにあり、浜松市は日本でもトップクラスの日照量を誇ります。店頭でミカちゃんマークを見かけたら、ぜひ、よろしく!

遠州の水がめ

■ 浜松市「天竜」区の山々は遠州の水がめ。河川沿いには杉、桧の人工林が見事な景観を創り出し、日本三大美林の一つである天竜美林を形成!

■ 掛川 袋井 磐田

掛川花鳥園

■「掛川」市の掛川花鳥園は、花の中で鳥と遊べる全天候型テーマパーク。従来型の動物園とは異なり、大温室で放し飼いにされている鳥たちと触れあえる。

法多山初詣

■「袋井」市の法多山は、遠州三山の1つ。五本の串にさした 名物・厄除だんごには、ほのかな香りのする深蒸しの袋井茶がよくあいます。

熊野の長藤

■「磐田」市の熊野(ゆや)の長藤は、天竜川沿いにひっそりと佇む行興寺の境内にある長藤。長藤が開花する、4月下旬から5月上旬には年に一度華やぎます。