• 八ヶ岳
  • 松本城
  • 高遠の桜
御嶽山

■ 長野 小布施 信州高山 戸隠 飯綱

善光寺

■長野市元善町の「善光寺」は、江戸時代末には「一生に一度は善光寺詣り」と言われたように、一生に一度お参りするだけで極楽往生が叶う、というありがたいお寺です。

長野駅前の風景
小布施栗の小径

■小布施町は、栗の名産地! ■美しく整備された町には、栗の木が点在しています。■特に、北斎館の隣にある遊歩道「栗の小径」が有名で、散策するのにはぴったりです。

信州高山桜まつり

■四月! 高山村には、うるわしい里山の春景色が巡ってくる。さまざまな草花の彩りと樹々の芽吹きに満たされる季節。■村内に競って咲く、しだれ桜のみごとな美しさ…。

戸隠神社奥社の大杉

■霊山・戸隠山の麓にある「戸隠神社」は、創建以来二千年余りの歴史を刻む。■500メートルも続く樹齢400年を数える大杉の奥社参道並木は、今も神性を保っています。

飯綱・春のリンゴ畑

■飯綱町の三水地区一帯は、日本一のりんご村を目指しており「高級りんごの里」として知られています。一面がりんご畑で、アップルミュージアムという博物館・美術館も…。

■ 斑尾 飯山 信濃町 野尻湖 黒姫

斑尾高原

■斑尾山は、唱歌・ふるさとに唄われた「かの山」です。■眼下には野尻湖、遠くは日本海を見渡す絶景が広がり、夏は涼風そよぐ避暑地、冬は積雪量に恵まれるスキー場…。

飯山・菜の花畑

■飯山の菜の花畑は、唱歌「おぼろ月夜」に「菜の花畠に入り日薄れ..♪」と歌われた場所です。■飯山の菜の花は野沢菜なんです!

黒姫高原のコスモス

■「黒姫山」は信濃富士とも! ■コスモス園は高冷地でコスモスの生育に適しており、花色が鮮やかで開花期間も長く、世界のコスモスが50品種100万本が咲き競っている。

■ 野沢温泉 木島平 秋山郷

野沢温泉・大湯

■古くから温泉地として名高い「野沢温泉」は、日本で唯一、村名に温泉がつく。■その湯は、村民の生活と深く関わりながら、地域の共有財産として大切に守られてきた。

秋山郷

■栄村の中津川渓谷沿いの秘境「秋山郷」の山肌迫る渓谷美は、紅葉の名所として知られ、平家落人の伝承やマタギ文化など、昔ながらの生活様式が色濃く残る秘境地域です。

■ 志賀高原 湯田中 渋

志賀高原

■「志賀高原」は標高が1000m以上で、夏でも気温の30度越えはまれです。■志賀山を中心とした大沼池や四十八池を含む地域には、年間200万人を越える人々が訪れます。

湯田中温泉・大湯

■湯田中温泉の外湯は共同浴場番付・東の横綱! ■共同浴場は基本的に鍵が掛けられています。無料があたりまえではなく、特別に入浴させてもらえるご厚意に感謝しつつ…。

地獄谷野猿公苑

■ニホンザルの群れが自然のままに暮らす「地獄谷野猿公苑」は、ニホンザルを間近で観察できる場所として、温泉に入るサルとして、広く世界中の人々に愛されています。

■ 上田 別所 鹿教湯

真田神社

■元来は、真田、仙石、松平氏の歴代の上田城主を御祭神として松平(しょうへい)神社と称していた。■1953年に歴代全城主を合祀して「真田神社」と改称されました。

安楽寺八角三重塔

■別所温泉の「安楽寺」にある三重塔は「八角形」です。■木造八角三重塔は、木造の八角塔としては全国で一つしかないという貴重な建築で「国宝」に指定されています。

五台橋

■貴方の夢はなにかしら?「五台橋」は、現世と浄土を繋ぐ橋。■むか~しむかし、村人たちは、鹿が教えた湯と言うことで『鹿教湯(かけゆ)』と呼ぶようになったそうな。

千曲市の千曲川

■ 戸倉上山田 千曲

戸倉上山田温泉
千曲市あんずの里

■千曲市の倉科・森地区は「日本一のあんずの里」で、なだらかな傾斜地にはあんず畑が広がり、ひと目で多くの花が見渡せることから「一目十万本」とうたわれています。

■ 菅平 峰の原

菅平高原

■「菅平(すがだいら)高原」は、夏でも冷涼な気候でスポーツ合宿などに最適です。■レンゲツツジやイワカガミなどの高山植物が楽しめるトレッキングコースも人気です。

■ 軽井沢 佐久 小諸

軽井沢別荘地の秋

■「軽井沢」は、夏の避暑地として人気の観光地です。■それは、軽井沢周辺の標高が1000m前後であり、年平均気温は7.8℃で、札幌の平均気温 8.5℃ よりも低いからです。

初秋の浅間山

■佐久市にある牧場「家畜改良センター長野支場」は雄大な浅間山をバックに、春は桜の名所、秋にはカラマツの紅葉など、四季折々の風景が美しい人気の絶景スポットです。

小諸城址・懐古園

■「懐古園」は、小諸城址に残る 三の門 や苔むした野面石積の石垣、樹齢500年といわれるケヤキの大樹のなか四季折々の風情が楽しめる公園。■島崎藤村ゆかりの地です。

■ 八ヶ岳 野辺山 富士見 原村

小海線

■長野県の小諸駅と山梨県の小淵沢駅をつなぐ「小海線」は、八ヶ岳高原線の愛称でも親しまれ、JR線では日本一標高の高い地点を走る路線。■観光列車「HIGH RAIL 1375」

八ヶ岳

■「八ヶ岳」は、日本百名山の一つ。■八ヶ岳の由来は、山々が多く連なる様子から「たくさん」という意味で「八」とした、また、文字通り八つの峰に見えるからとも…。

■ 蓼科 白樺湖 霧ヶ峰 車山

蓼科

■「蓼科」の魅力! ・春は残雪と花見と新緑 ・高山植物の最盛期は6月下旬~8月中旬 ・紅葉は、山の頂から蓼科の麓に向けて進んでいきます。

横谷峡
白樺湖

■「白樺湖」は、夏は涼しく、冬は白銀の世界となる湖を囲んだリゾート地です。■湖畔では、美術館、遊園地、遊歩道、湖上でのボート、乗馬などなどがお楽しみ頂けます。

ニッコウキスゲ

■「ニッコウキスゲ」は、ユリ科の高山植物で、霧ヶ峰や車山で一面に咲くのその群落は、一度見たら目に焼きつきます。■花は1日でしぼみ、次の日には別の花が開きます。

■ 諏訪湖

諏訪湖サービスエリア

■中央自動車道上の「諏訪湖サービスエリア」は、諏訪湖畔の南側にあり、下り線が上り線よりもやや高い位置にあるので、上下線のSAから諏訪湖を眺めることができます。

御柱祭り

■「御柱祭」は、諏訪地方で行われる祭で、正式には「式年造営御柱大祭」といい、諏訪大社における最大の行事で寅と申の年に行なわれる式年祭。■日本三大奇祭のひとつ。

■ 伊那 駒ヶ根 飯田 昼神

高遠の桜

■「天下第一の桜」と称される高遠の桜は、タカトオコヒガンザクラで、ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みのある花を咲かせ、満開時には公園全体が薄紅色に染まります。

駒ヶ岳ロープウエイ

■「駒ヶ岳ロープウエイ」は、しらび平から中央アルプスの通称 千畳敷カールまで架けられた、山岳ロープウェイです。■また、駒ケ岳は高山植物の宝庫としても有名です。

飯田りんご並木

■飯田のまちにある「りんご並木」は、約300mの道路に13種類26本のりんごの木が植えられており、飯田市のシンボルです。

愚痴聞き地蔵

■ 木曽

寝覚の床

■木曽八景の一つ「寝覚の床」は、花崗岩地帯の地形を木曽川の流れが削り姿を現したもので、花崗岩特有の割れ方が、大きな箱を並べたような不思議な造形をもたらした。

■ 松本 塩尻 浅間温泉 美ヶ原温泉

松本城

■「松本城」は、五重六階の天守の中では日本最古の国宝の城。■漆喰の白と漆塗りの黒の対比が絶妙な美しさを醸し出し、黒と白のコントラストがアルプスの山々に映える。

旧開智学校

■松本市の「開智学校」の建築様式は和洋混交の擬洋風建築で、東京大学の前身である開成学校などを参考に作られています。■現在は、教育博物館として公開されています。

奈良井宿

■「奈良井宿」は、江戸と京の都を結ぶ重要な街道であった中山道・六九次のうち34番目で、難所の鳥居峠を控え、多くの旅人で栄えた宿場町は、奈良井千軒といわれました。

浅間温泉新そば祭り

■浅間温泉の「新そば祭り」は、とれたての新そば粉を使い、地元の自称「そば打ち名人」が、自慢のそばを提供します。又、そばと温泉入浴をセットにした商品もあります。

美ヶ原温泉・美しの塔

■「美しの塔」は、美ヶ原高原のシンボルです。■美ヶ原は濃霧になることが多く、遭難が多発しました。その対策の一つとして霧鐘を備えた避難塔が「美しの塔」です。

■ 上高地 乗鞍 白骨

上高地

■「上高地」は、その美しい景観に「特別名勝」と「特別天然記念物」の、ふたつの称号が与えられた日本の貴重な宝で、黒部峡谷と上高地の二ヶ所のみが認定されています。

乗鞍岳とすもも

■「乗鞍(のりくら)高原」は、北アルプスの南部東側にある高原。■観光客に人気で、夏は避暑、夏から秋にかけては登山、冬はスキー客が多く訪れます。

白骨温泉

■「白骨温泉」には、透明な湯と白濁した湯がある。これは、湧き出したときには透明な湯が、空気に触れて白く濁る現象が起こるためです。■白骨の湯は、飲湯もできます。

安曇野道祖神

■安曇野は「道祖神」の宝庫です。■村の守り神として、多くは村の中心、道の辻、三叉路に立っている。彫刻の種類や表現の内容からみても実にバラエティに富んでいます。

■ 安曇野 穂高 大町 豊科

穂高・わさびの花

■「わさび」は、日本原産の植物で、生産量は長野県がダントツ1位で、その90%以上が安曇野産!■安曇野がワサビの好む冷涼な気候と、清らかな水に恵まれているからです。

大町の北アルプス

■本日も「北アルプス」がきれいに見えています。■安曇野の西にそびえる穂高岳や槍ヶ岳、剱岳など、3,000m級の残雪の北アルプスは、息をのむほどすばらしいものです。

豊科・そばの花

■安曇野の南の玄関口である豊科地区の「そば畑」は、広大な北アルプスを背景に咲くそばの白い可憐な花が、安曇野の緑の季節に爽やかな色を添えてくれます。

夏の白馬連峰

■飛騨山脈・北アルプス白馬連峰は、標高3000m級の山々が大パノラマで連なっている。■白馬村には湧出する6つの源泉がある。白馬八方温泉や白馬塩の道温泉などなど…。

■ 白馬 八方尾根 栂池高原 小谷

ゲレンデのシュプール・八方尾根スキー場
栂池自然園

■小谷村の「栂池自然園」は、日本有数の高層湿原で、雪解けの始まる6月中旬からは群生する水ばしょう、夏にはワタスゲ、ニッコウキスゲ等の可憐な高山植物が咲き乱れる。

塩の道祭り

■「塩の道祭り」は、北は小谷村から白馬村を経由して南は大町市までを結ぶ、古の道「千国街道」塩の道で毎年行われる、GWの北アルプス山麓のウオーキングイベントです。