• オアシス21の大屋根
  • 名古屋城の金のしゃちほこ
  • モーニングセット
名古屋城金のしゃちほこ

■ 名古屋駅 伏見 丸の内

名古屋駅

■ここ数年で高層ビルが次々にオープンし、景色が変わった「名古屋駅」周辺。■手羽先、きしめん、天むす、小倉トーストなど、魅力あふれる地下街で名古屋めしをお気軽に!

丸の内

■名古屋城の南側「丸の内」は、名古屋市中区および東区の町名で、名古屋のビジネス街、官庁街。■「伏見」は、名古屋市中区錦にある一地域で駅周辺は金融街・オフィス街。

■ 栄 錦 名古屋城

オアシス21・栄

■「オアシス21」は、水の宇宙船と呼ばれ空中に浮かぶガラスの大屋根がシンボル。そのガラスの屋根の上には水が流れる空中回廊があり、地上14mの空中散歩が楽しめます。

名古屋城

■名古屋といえば、金のシャチホコが代名詞だ! ■昔からの有名なフレーズ「尾張名古屋は城でもつ」は、尾張の名古屋は名古屋城のおかげで繁栄している、という意味です。

■ 金山 熱田 千種 ナゴヤドーム

アスナル金谷

■金山駅は名鉄線 JR 地下鉄が乗り入れる総合駅です。■駅のショッピングエリア「アスナル金山」は「明日なる! 金山」。■名称の由来は「明日に向かって元気になる!」。

熱田神宮

■熱田区の「熱田神宮」は、織田信長が桶狭間の戦いの前に戦勝を祈願した。■ご祭神である熱田大神は、三種の神器の1つ・草薙神剣を神体とする天照大神とされています。

名古屋ドーム

■東区の「ナゴヤドーム」は、ドーム型野球場で中日ドラゴンズの本拠地。■球弁(たまべん)や人気のドアラグッズも色々と…。■コンサートや見本市など様々なイベントも。

■ 豊橋 豊川 蒲郡 伊良湖

ヤマサちくわ

■豊橋名産「ヤマサちくわ」の、基本精神は、一見本物に見える金のかたまりも、地金が鉛では本物とはいえない。で、原料・人・技術、全て本物だからこそ生まれる「旨さ」。

豊川稲荷

■「稲荷」には「稲がなる」という思いが込められている。■ここ豊川稲荷の、お稲荷さんの使いとして鎮座するこちらのキツネは、仏教の経典である巻物をくわえています。

あじさいの里

■蒲郡市の「あじさいの里」には、植裁された5万株ものアジサイが咲き乱れる。■「あじさい祭り」の期間中は夜間ライトアップや奥の小川には蛍も放たれてお幻想的です。

西浦温泉
三谷温泉街

■海に近い「三谷温泉」では、新鮮な海の幸を使ったお料理を中心とした和食を頂けます。■日本の伝統文化を体現した旅館という場所で、本場の和食をぜひお楽しみください。

伊良湖岬

■「伊良湖岬」は、渥美半島の最先端。■伊良湖岬灯台は恋路ヶ浜とともに 恋人の聖地。■ここからは、三島由紀夫の『潮騒』の舞台になった神島(かみしま)まで見渡せます。

■ 奥三河 新城 湯谷温泉

阿寺の七滝

■奥三河の「阿寺(あてら)の七滝」は、新城市の阿寺川にある滝で自然林内の礫岩(れきがん)の断層を流れ落ちる7段の滝となっている。■豊かな自然を満喫しにお越し下さい。

湯谷温泉

■日本百名湯の「湯谷(ゆや)温泉」は、新城市にある温泉で鳳来峡の宇連川沿いに広がっている。■開湯は古く1300年前で、鳳来寺の開祖 利修仙人により発見されたという。

■ 豊田 刈谷 知立 安城 岡崎

香嵐渓

■「香嵐(こうらん)渓」は、豊田市にある矢作川支流の巴川がつくる渓谷です。■東海随一の紅葉の名所で、約4千本の木々が赤や黄色に染まり、巴川の川面を美しく彩る。

テンパーク

■「デンパーク」は、四季折々にデザインされたガーデンと緑豊かな自然のやさしさに包まれ、園内では地元食材を使ったバーベキューや郷土料理、地ビールなどが楽しめます。

岡崎の街

■豊田市とともに西三河を代表する「岡崎市」の見どころは、徳川家康公のゆかりのスポット。■岡崎の魅力は、歴史と伝統を感じる八丁味噌、美しい渓谷や里山の大自然です。

■ 一宮 犬山 小牧 瀬戸 春日井

モーニングサービス

■一宮の街でやたらと多いのが喫茶店。一宮市は「モーニング」発祥の地。■起源は繊維業景気に沸いた昭和30年代で、今では市民の間にライフスタイルとして根付いている。

明治村

■「明治村」は、戦後の高度成長によって生じた開発事業で、明治建築が少なからず姿を消していった。取り壊されてゆくこれらの文化財を惜しんで、その保存を計りました。

招き猫祭り

■「招き猫」は、達磨や福助と並ぶ日本独特の縁起物のひとつで、瀬戸市は国内で最初に招き猫の量産をした町。■瀬戸物(せともの)とは、この地方の地名である瀬戸に由来。

■ セントレア 東海 半田 知多

セントレア

■「中部国際空港」は、常滑市にある24時間運用可能な国際空港で、愛称は「セントレア」です。

■ 南知多 日間賀島 篠島

南知多

■「南知多」は名古屋市の南に位置し、半島、 篠島、日間賀島から構成されています。

日間賀島

■「日間賀島」は、知多半島の先端、師崎から高速船で10分。■日間賀島を代表する味といえば、タコとフグ! 特に、タコは季節にとらわれず、いつでも楽しむことができる。

篠島のしらす天

■「篠島のしらす天」は、日本有数の漁場・篠島で水揚げされた「しらす」の香りが引き立つはんぺい(さつま揚げ)です。■軽く焼く事で、一番旨味を引き出せる逸品です。