• よさこい
  • 室戸岬
  • カツオの藁焼き
室戸岬
坂本龍馬の像

■ 高知 南国 香南 伊野

高知城

はりまや橋

■「播磨屋(はりまや)橋」は、高知市にあり江戸時代末期の僧侶・純信とお馬の恋物語で有名な場所。■札幌の時計台とともに「日本三大がっかり名所」にノミネートされる!

■「よさこい祭り」は、戦後の不景気を吹き飛ばし市民を元気づけようと高知で始まり、祭りを愛する市民たちの手で大きく成長し、世界へと、よさこいの輪が広がっています。

西島園芸団地

■南国市のスイカとメロンの楽園「西島園芸団地」では、一年中メロン・スイカが食べられる。■ブーゲンビレアをはじめ熱帯花木の繁る600坪の広さのトロピカルナーセリー!

にら塩焼きそば

■香南市は、ニラの生産量が日本一。■「香南ニラ塩焼そば」は、たっぷりのニラと、豚肉と麺を塩だれで味つけしたもので、うまさの秘訣はニラのシャキッとした食感にある。

仁淀ブルー

■奇跡の清流「仁淀川」は、西日本最高峰の石鎚山に流れを発し、高知市を横切り、やがて太平洋へと注ぐ紺碧の流れです。■仁淀川は一級河川の水質ランキング連年の第1位!

■ 安芸 室戸

野菜・みょうが

■県の代表的な特産品「みょうが」は、ハウスと露地栽培で周年生産。■ふっくらした丸みと色鮮やかな紅色が特長で、薬味用に輪切りにすれば、食欲をそそる香りが漂います。

室戸岬

■「室戸岬」は、室戸市にあり太平洋に面し古くは海の難所として知られ、海岸には奇岩が乱立し亜熱帯性の樹林が茂り、空海が残した数々の伝説やパワースポットがあります。

■  足摺 四万十 宿毛 須崎

足摺岬

■「足摺岬」は、土佐清水市の紺碧の海が広がる太平洋に突きだした足摺半島の四国最南端の岬で、展望台は2ヵ所あり、270度以上の視界が広がり地球の丸さを実感できます。

四万十川

■四国最長の大河「四万十川」は、流域にダムがないことから日本最後の清流といわれ欄干のない沈下橋は、四万十川の風物詩。■柿田川・長良川とともに日本三大清流の一つ。

だるま夕日

■宿毛湾の「だるま夕日」は、冬の夕刻、太陽が海にかかる直前に、赤くかがやくもう一つの太陽が海面からせり上がり、本物の太陽とつながって “だるま” のように見えます。

武市半平太像

■土佐勤王党を組織した幕末の志士「武市半平太像」は、須崎市の横浪黒潮ラインの中程にあり、像の後ろの石碑には、半平太と共に活躍した志士たちの名前が刻まれています。