• 鉄輪 むし湯
  • 山地獄
  • 関アジ・サバのお造り
別府温泉

■ 大分

大分駅前

■JR九州の「大分駅」は、日豊本線、久大本線、豊肥本線が発着する高架駅。■駅前広場には、大友宗麟やフランシスコ・ザビエルの像など…。

■ 別府 日出

鉄輪むし湯

■温泉で熱せられた床に石菖(せきしょう)という珍しい薬草が敷き詰められている「鉄輪むし湯」。■豊後鉄輪 むし湯の帰り 肌に石菖の香が残る と、野口雨情が詠っている。

かまど地獄

■地獄巡りの「かまど地獄5丁目」は、ある日突然、池の色がグリーンやブルーに変わる不思議な地獄です。色も濃くなったり、薄くなったり。

鬼石坊主地獄

■灰色の熱泥が、ボコボコと音を立て沸騰する様子が坊主頭に似ていることから「鬼石(おにいし)坊主地獄」と呼ばれるそうです。

山地獄

■山のところどころから、天高く噴気があがっているので「山地獄」といわれる。■なんと、この地獄には、動物園が併設されています。

石ころたちの動物園

■速見郡日出町の「石ころたちの動物園」は、山や海や川などの自然界に転がっている石たちを、割ったり削ったりしないで、そのままの形を生かして色をつけ作品にした動物。

■ 佐伯 臼杵 豊後大野

■佐伯市の名物・謎の「雪ん子寿し」は、地元産の椎茸、大根、大葉を使ったお寿司です。■きのこ料理コンクール全国大会で、最優秀賞に選ばれて郷土料理ともなっています。

臼杵石仏

■臼杵市の「臼杵石仏(磨崖仏)」は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたもので、その規模と数量や、その彫刻の質の高さにおいて、わが国を代表する石仏群です。

原尻の滝

■豊後大野市の「原尻の滝」は、田園地帯に突如出現するとてもめずしい大滝です。■滝の前には、吊り橋がかかっており、その吊り橋からは滝を正面から見ることができます。

■ 湯布院 湯平

由布院の観光辻馬車

■由布院の温泉街を歩いていると、どこからともなく聞こえてくる馬の蹄の音。のどかな田園地帯をパッカパッカと馬が引く「観光辻馬車」です。

金鱗湖

■由布院の観光スポット「金鱗湖」は、湖で泳ぐ魚の鱗が、夕日で金色に輝くのを見て金鱗湖と…。■冬の早朝には湖面から湯気が立ち上る幻想的な光景を見ることができます。

湯平温泉共同浴場・中の湯

■花会野(かごの)川沿いの温泉地「湯平(ゆのひら)温泉」街の、昔懐かしい石畳の中ほどに男女日替わりの共同浴場「中の湯」があり、浴場からは湯平の川と山の望めます。

■ 久住 竹田

久住高原

■広大な緑のパノラマが眼前に広がる竹田市の「久住(くじゅう)高原」。■数百年という年月を、放牧や野焼きによって守られた草原には、貴重な植物が多く生息しています。

岡城址の廉太郎像

■「瀧廉太郎」は、幼少期を竹田で過ごしました。■代表曲の「荒城の月」は、岡城跡で遊んだ頃のイメージが生かされているといわれ、今でも多くの人々に親しまれています。

ラムネ温泉

■世界屈指の炭酸泉・長湯温泉を「これぞ、ラムネの湯だぜ!」と、世界に紹介したのが文豪の大仏次郎。■なんと温泉1ℓ中には1,000mg以上の炭酸ガスが溶け込んでいます。

■ 九重 日田 天瀬

くじゅう連山

■九重(ここのえ)町から竹田市へ広がる「くじゅう連山」は、九州本土最高峰の中岳をはじめ、標高約1,700m級の山々が連なっており “九州の屋根” ともいわれています。

日田天領祭り-千年あかり

■「日田天領まつり」は、徳川幕府の天領として栄えた日田の栄華を再現する祭り。■「千年あかり」は、里山保全と町おこしを目的とするイベントで日田天領まつりの前夜祭。

日田・天ケ瀬温泉

■ 天瀬(あまがせ)町を東西にながれる玖珠川沿いには、抜群の泉質を誇る「天ヶ瀬温泉」があり、旅館・ホテルが立ち並ぶほか、開放感あふれる露天風呂が点在しています。

■ 国東 中津 宇佐 耶馬溪

旧千燈寺・五輪塔群

■国東市の今は廃寺となっている「旧千燈寺」の石畳を進むと、奥の院、仁聞菩薩の入寂の地、五輪塔群、五辻不動尊まで散策ができ、古代のロマンを垣間見ることができます。

中津・一目八景

■中津市・耶馬渓の人気のスポットが「一目(ひとめ)八景」で、八つの景色が同時に眺められる、もみじの絶景ポイントです。■嵐山、日光と並び、日本三大紅葉の名所です。

宇佐神宮

■宇佐市の「宇佐神宮」は全国4万余社の八幡社の総本宮で、原生林に囲まれた広大な境内には、八幡造の本殿(国宝)をはじめ歴史的・文化的に貴重な建築物が立ち並びます。

耶馬渓

■「耶馬渓(やばけい)」は、中津市にある山国川の上・中流域を中心とした渓谷で日本三大奇勝として知られ、日本新三景の一つ。また、日本三大紅葉の名所として有名です。