猫のイラスト
rakurakutown.com旅の楽々タウン
タカアシガニ料理

写真提供:沼津市

■ 沼津

沼津港の寿司

「沼津市」は、中心部と南部の戸田地区にエリアが分かれています。沼津港は「沼津の築地」といわれ、沼津港で水揚げされたばかりの新鮮な海の幸を楽しめる飲食店街や鮮度抜群の魚介類を扱うお店がズラリ! 沼津港ならではの食事やお土産を楽しめるスポットは、いつも活気に満ち溢れています。また、世界初の深海に特化した「沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム」もおすすめです。

御浜岬海水浴

「戸田(へだ)」は、沼津市の南部です。西伊豆の海岸線ぞいにある戸田の海に突き出るような御浜(みはま)岬。その内海にある緑豊かな林に囲まれた御浜岬海水浴は、波は穏やかで、まるで南国の海のように透明度は抜群です。

■ 土肥

駿河湾の富士山

「土肥温泉」は江戸時代、金山開発中に安楽寺境内の坑口から温泉が湧出したのが始まりで、発見者の<間部(まぶ)彦平に因み「まぶ湯」と名づけられました。さて、旅人は土肥の温泉街に入るとなぜかホッとする。それは、舩原トンネルを抜け土肥峠から転げ落ちるような坂道を一気に下ってきたからだ。帰路は、雄大な富士山を海岸線から頂上まで一望できる駿河湾フェリーがおすすめです。恋人はラブコールベルを…。

■ 西伊豆

西伊豆町の夕日

「西伊豆町」は、日本の夕陽百選に選ばれた夕陽のまちで大海原に沈む夕陽は、言葉を失うほどロマンチックです。昔、西伊豆町仁科の出で同僚だった若い女中さんが、子供の頃はおばあさんと一緒に素潜りで、サザエやアワビを取っていたが、私、泳げないの! という話を聞いた時、オレは、エッ!? と目ん玉が丸くなった。

青の洞くつ 天窓

「堂ヶ島温泉」の歴史は浅く、昭和37年、海岸ぞいにホテルの建設を試みた会社が掘削に成功しました。泉質は硫酸塩泉で海のそばにあって塩分ゼロなのが特徴の珍しい温泉です。「堂ヶ島のトンボロ」とは、干潮時には三四郎島まで瀬が現れて歩いて渡れる現象です。また、三四郎島は見る角度により三つに見えたり四つに見えたりするのでこう呼ばれます。そして、遊覧船にのって天井から青い光が降り注ぐ光と影の神秘的な青の洞くつ「天窓洞めぐり」がおすすめです!

■ 松崎

なまこ壁通り

「松崎町」のなまこ壁通りには、外壁を伝承の「なまこ壁」という漆喰の工法で作られた家屋が、今も190棟余り残っていて、失われつつある「日本の原風景」に触れることができます。江戸時代に、通称「伊豆の長八」と呼ばれる漆喰芸術鏝絵の名工・入江長八が生まれた町です。また、特産品として、桜餅を包む塩漬けの桜葉があります。

▲ページの先頭に戻る